東京ベイクリニックの元祖!楽ちん胃カメラ=経鼻内視鏡

胃カメラを楽に受けるには、消化器内視鏡専門医による経鼻内視鏡がおススメです。広い内視鏡室で安全、安心な検査をお約束いたします。

広い内視鏡室

楽ちん胃カメラの特徴

最新の経鼻内視鏡
直径5.8mmの最新細径胃内視鏡(ライトが二つあり明るいタイプ)を使用します。これまで多くの機種を試してみて優れたものをセレクトしています。さらに細いタイプもありますが画質、操作性に難あり、当院では導入していません。※当院では内視鏡システム3台、胃内視鏡4本、大腸内視鏡2本にて稼動しています。
特殊光を使用
特殊光(NBIやFICEの他、レーザー光によるBLI、LCIなど)を駆使し微細病変の診断や、癌の早期発見に努めています。
色素法を併用
必要に応じて色素(インジゴカルミン、ルゴール等)を散布し、より詳細な粘膜の状態を観察します。
内視鏡専門医である院長が施行
消化器内視鏡学会専門医である院長が必ず全例責任を持って施行します。また学会認定内視鏡技師が介助するため安心して検査を受けることができます。
おえっとならない
鼻から胃カメラを挿入するため、口から入れる胃カメラの時のようなつらい咽頭反射が少なくとても楽に飲み込めます。
薬は少なく! 独自の前処置
この検査がうまくいくかどうかは前処置で決まります。前処置には長年の経験に基づいた”こつ”があります。また極力少量の薬剤を使い体への負担軽減を図っています。
胃蠕動抑制剤の注射不要
東京大学胃食道外科(旧第三外科)で開発した蠕動抑制剤(胃の動きを抑える薬)を胃カメラを通して胃内に入れるため注射をする必要がありません。
検査中に会話ができます
検査中モニター画面を見ながら話ができるためとてもリラックスできます。ただし無理に話をする必要などありません。いざというときに「もうやめてくれ」とか言える、という安心感です。
ピロリ菌もその場で検査
胃炎が認められた場合、ピロリ菌の検査をその場で追加することも可能です。結果はすぐにわかります。もし陽性であれば早速その日から治療を開始できます。※2013/2/21より保険適応になっています。
検査後早めに食事ができます
鼻の麻酔が主体のため、のどのしびれが少なく胃カメラ検査後早めに食事ができます。腹ペコの検査なのでこれは結構重要です。
鎮静剤も対応
挿入が楽なため基本的に鎮静剤の注射の必要がなく、検査後もすぐに仕事に復帰できます、というのがこの検査の「うり」ですが、やっぱり不安はあります。そりあ当然です、人間ですもの。ご希望により鎮静剤使用も可能です。不安や咽頭反射が強い方は鎮静剤併用を是非お勧めします。ただし時間に余裕が必要です。あと、乗り物運転はできません。
口より鼻が楽!
口より鼻が楽! 口からと鼻からの両方の胃カメラを経験した方にアンケートした結果、9割以上の方が次回も鼻からの胃カメラを希望しています。
初診日に検査ができます
内視鏡は毎回徹底的に消毒します。このため検査前の感染症の検査がいりません。すなわち初診日に検査ができるためコストも最小限ですみます。
詳しい説明 お薬もその場で
結果はその場で画像をお見せしながら詳しくご説明いたします。必要であれば院内よりお薬を処方いたします。
名医をご紹介
万一胃癌や食道癌が発見された場合は、院長の友人である腹腔鏡または内視鏡手術の名医をご紹介いたします。
胃カメラの開発
東京大学第三外科(院長の出身)は世界で初めて胃カメラを開発した医局です!(プロジェクトXでも特集されました)

鼻から胃カメラはこんな方におススメです

胃の調子が悪い方
 痛い、むかむかする、食欲がない、やたらげっぷがでる、 黒い便がでた、等
健康診断で指摘があった方
 バリウムで所見あり、ペプシノーゲン法陽性、ピロリ菌陽性、貧血、等
以前、口からの胃カメラでつらい思いをした方
とにかく楽に胃カメラを受けたい方

口からの胃カメラとは何が違うのか

1)鼻からの挿入経路だと食道に自然な角度で胃カメラが入るため、咽頭反射が少なくなり、楽。
口からでは舌根および喉頭に圧迫感が起こるため、苦痛、呼吸困難感、危機感があります。さらに内視鏡の出し入れの度にその不快感が繰り返されるためかなりなストレスになってしまいます。
2)細いため胃カメラが幽門輪(胃の出口)を通過しやすく十二指腸への挿入が早い。太い経口用の胃カメラだと幽門輪通過の際、ファイバーのたわみで胃の大彎(大きいほうのカーブ)を圧迫し、この力がのどに伝わりさらに苦しくなることがあります。
3)細くしなやかなため狭い部分があっても(潰瘍による変形や腫瘍による狭窄など)胃カメラが通過し十分な観察がしやすい。
4)会話ができるので、安心。
といっても別に無理に会話をするわけではありませんのでご安心ください。終始だんまりで結構です。最大のポイントは、何かあったときに医師に直接伝えることができるという安心感です。また所見によって治療や追加検査について検査中に医師と相談できるというメリットもあります。口からの挿入では終始マウスピースをくわえているため、ジェスチャーしかできません。
 
弱点:病変の切除(全部とること)はできません。
細いため処置具の挿入ができず、ポリープや腫瘍の切除術は不可能です。
(※大腸ポリープとは違い、胃ではいきなり初回の検査で病変の完全切除を要することはまれです)  
ただし生検(一部組織を採取し病理検査やピロリ菌の検査を行うこと)は普通にできます。

究極の楽ちん胃カメラ = 鼻から胃カメラ + 鎮静剤

鼻から胃カメラに鎮静剤を併用する方法です。鎮静剤とは睡眠薬が液体になったようなもので、これを点滴することで緊張がほぐれより楽に検査を受けることができます。 俗に、”麻酔で眠ったまま検査を受ける”といわれるものです。
※注意 全身麻酔薬(内視鏡検査での保険適応なし。呼吸・循環抑制強い) は当院では扱っておりません。
消化器内視鏡学会で推奨されている”意識下鎮静法”つまり ”なんとなくうとうとし、反射が弱るが意志の疎通ができる” 状態になるように、ワンショット静脈注射ではなく点滴により状況を見ながら適宜薬剤を調整して投与します。
まれに呼吸抑制や血圧低下などの作用が出る場合があるので、十分なモニターの下で行います。

鎮静剤はこんな方におススメです

極度の緊張症の方(ベットに横になっただけで心臓バクバク、息ハアハア)
極度にのどが敏感な方 (歯みがきだけでもおえっとなる方。前処置の段階でおえおえ始まりやすい)
過去に胃カメラがトラウマのようになっている方それよりは確実に楽とは思いますが、あえて思い出す必要もないでしょう。そんなの克服しなくていいです)
とにかく胃カメラの検査が不安で胃に穴があきそうな方 (それじゃ本末転倒です)
ライブ映像など見なくて結構、時間があるので寝ながらじっくりやってほしい方

東京ベイクリニックでは鼻から胃カメラ一筋、13年

東京ベイクリニックでは開院当初より経鼻内視鏡を導入し、今もこればっかりやっています。 院長はこれまでさまざまなケースを経験しており、臨機応変の対処に慣れています。 前処置についても開院当時はマニュアルを作成しておりましたが、受診者の個人差が大きいため現在ではケースバイケースで最も適した方法を行っております。 経鼻内視鏡も年々進化し、初期モデルにあった光量不足や画角、画質不足も改善され、現在では十分な精査が可能となっております。 当院でも食道や胃の粘膜癌(最も早期のがん)を多く発見し、いずれも専門機関を紹介の上、内視鏡手術を受けてもらっています

医師の立場からみた鼻から胃カメラ

メリット
患者様が楽だと検査に集中できるため、気になる病変をねちこく観察できる。 ⇒これが最大のメリット (太いハイビジョン経口カメラでも、患者様の苦痛のあまりファイバーを早めに抜去せざるを得なくなり、結局poor study(十分な検査ができなないこと)になるケースがあります)
会話ができるため、十分なインフォームドコンセントの上、追加検査等が可能。
患者様からの質問にライブで説明ができる。  
 例 「いまの白いのなんですか?」
   「これは光のハレーションです。ほら、こうすると消えるでしょ。」
   「いまの赤いのなんですか?」 
   「これはカメラの吸引でついたちょっとした傷です。すいません。」
デメリット
鼻腔が狭い場合、かなり前処置・挿入に時間がかかるため一人あたりの時間を十分確保して予定を立てる必要がある
楽と思って期待して来られた患者様に、絶対に苦痛を与えてはいけない、という心労

医師の技量が必要

患者様に楽に検査を受けていただくためには、医師側に、数多くの経験に基づいた テクニックが必要です。ポイントは次の3つ  
1)前処置: 薬の種類、濃度、量、タイミング、左右の選び方     
2)鼻孔の挿入: →もっとも医師の経験に左右するところ。鼻孔内の挿入ルートは実は単純でなく何種類かあります。中鼻甲介の位置、鼻中隔の左右差、鼻炎の有無等により最も適したルートを探す必要があります。   
3)粘液の吸引: これが医師の頭を悩ませる部分です。経鼻ファイバーをより細く改良する際にネックになるのが、消化液、唾液の粘性であり、これらを十分に吸引可能にするため、内腔サイズ2mmが確保されています。しかしこのサイズで十分なパフォーマンスを得るためには医師の慣れとテクニック(こまめな送水、吸引の繰り返し)が必要です。  
簡単に言うと、いかに患者様の負担(薬の量、痛み)を減らすか、経口へ変更するタイミングはいつか(早くても遅くてもよくありません) について医師が熟達した技量と判断力を持っているかということです。

胃カメラ自己挿入!

先日、リクエストにお応えして院長自身によるデモが行われました! 
(注:奇人変人のコーナーではありません。)
経鼻内視鏡の前処置は鼻へチューブを挿入するところが肝です

チューブで鼻を慣らして

鼻から胃カメラを挿入すると不快な咽頭反射を抑えられます

入れるだけ  結果は表層性胃炎。「多分ストレス性でしょう。」(笑)

院長がこんな一人芝居をする本当の理由とは?
院長: 「鼻からの胃カメラはその挿入経路から考えて、どうみても100%口からのカメラより楽なはずです。問題なのは鼻の中をいかにスムーズなルートをみつけて痛みなく通過するか、それにつきます。口はおえっとなる vs 鼻は痛い の一騎打ちです。となれば何が何でも鼻を痛くしてはいけない。これだったら断念して口に変更する、のポイントを見極めなければいけない。何しろ日本人は相手をおもんばかるあまり、痛いのに大丈夫、つらいのに楽だ、と言う気質があり、それをアンケートしても何にもならないと思うからです。そこで一見、変態のような一人芝居を思いつきました。何しろこんな微妙なことを書いた医学書はないし、そもそもそんなことを文字に表せないはず。どういう角度、どういうスピードで鼻腔を通過するとどんな感覚なのか、自分で何回も試しました。さらにファイバー通過の際、嚥下のタイミングと咽喉の感覚、呼吸と食道下端の見え具合、生検の感覚、送気量と腹部圧迫感、幽門でファイバーをたわませた感覚、等を何度も体験するうちに・・右手の感覚で患者様の感覚がある程度わかるようになりました。こんなに奥の深い検査は他にはない、右手の微妙な感覚が命、まさに伝統芸能、そんな風に考えています。